研究・教育活動
 研究
教育
学生募集



研究
 
1. 生体液バイオマーカーセンターで行っている研究
(1)「なんでも尿検査」:健康状態や病気の早期発見を可能にする尿中のタンパク質やペプチドバイオマーカーを探索し、それらを選定します。
(2)「腎臓病の解明」:この研究は新潟大学の特徴的研究して進められている腎臓病の研究に関与している多くの研究者、新潟大学以外の腎臓病研究者との共同研究で行われています。
 
2. 大学・企業 (開示可能なグループ・企業)
(1)大学
 1)新潟大学大学院医歯学総合研究科  腎・膠原病内科、腎研究施設、機能分子医学(寄付講座)、腎医学医療センター(寄付講座)
 2)
(2)企業
 
3. 関係研究組織
 1)日本腎臓学会「日本尿バンク」
 2)Human Kidney and Urine Proteome Project(HKUPP)
 

メニューに戻る

教育
 
1.未来の○○博士募集
  BBCでは生体内のタンパク質やペプチドを網羅的に解析し、生体原理を解明するプロテオミクス・ペプチドミクスで尿を検査するだけで、健康やあらゆる病気の早期発見などを可能にする尿タンパク質やペプチドを探索し、その測定系の構築と実用化を目指した研究、「なんでも尿検査」プロジェクトを進めています。また、特に、腎臓病を腎臓組織や尿をプロテオミクス・ペプチドミクスで解析し、腎臓病の病因や病態の分子メカニズムを解明し、未だ根治的治療法の無い腎臓病の治療法の開発を目指した研究、「腎臓病の]解明と治療法の開発」プロジェクトを進めています。

 「なんでも尿検査」は家庭のトイレで人間ドックが可能になる"人間ドックトイレ"の開発とそれにより、健康で病気のない社会の実現を目指している社会にも大きな貢献ができるプロジェクトです。

 また、プロテオミクス・ペプチドミクスは主に、質量分析技術、抗体応用技術、バイオインフォマティクスの技術を総合して行える研究で、これからの生命科学の研究に強力な研究手段となる分野で、その研究にふれることは将来の研究者志望や職業の選択を考えるのに役に立つと思います。

 大学生生活をしながら、余った時間をBBCの「なんでも尿検査」プロジェクトや「腎臓病の]解明と治療法の開発」プロジェクトに打ち込んでみませんか。
 志の高く、バリバリ研究をやってみたい学生を募集します。
 
2.BBCにおける大学院生の受け入れ
 修士・博士課程 Graduate Programs
 BBCでは、医学研究科の大学院生(留学生を含む)を受け入れます。
 BBCでの研究を希望される方は、新潟大学大学院医歯学学総合研究科または大学院自然科学研究科の大学院入試に合格していただく必要があります。
研究部門※の教授が受入れ教員となり、研究指導は教授と共にBBCの主任研究員が行ないます。BBCでの修士・博士課程に進学を希望する場合は、志望分野の選択に関して、大学院受験の願書を出す前に、BBC研究リーダーに連絡をお取りいただき、研究方向の妥当性等について十分な指導を受けてください。

また、出願に際しては、BBC研究リーダー経由で、該当する教授の承諾を得ていただくことが必須になっています。
 ※本年度の受入れ(研究指導)が可能な研究室は
 大学院医歯学総合研究科
   腎・膠原病内科  成田 一衛 教授  narita*med.niigata-u.ac.jp
   腎研究施設分子病態学部門  河内 裕 教授  kawachi*med.niigata-u.ac.jp
  大学院自然科学研究科
   応用生物科学科  三ツ井 敏明 教授  t.mitsui*agr.niigata-u.ac.jp
3.高校生向け
 BBCでは、[なんでも尿検査][腎臓病研究]に焦点をあてた高校生向け年に一度、見学会を開催しています。BBCで日々研究に取り組んでいる若手研究者が講師となり、科学の知識(教科書に載っているような知識)のみならず、科学の営み(研究者が行っている研究過程など)を高校生に伝えることを目的とした講義あるいは実習を行います。
 

メニューに戻る

学生募集
 
本気で研究に熱中したい学生さんを募集♪
(= 時間があるとき!いつでも!昼夜問わず!年間通して♪)
~「なんでも尿検査」?で質量分析してみませんか?~
 
「なんでも尿検査」は尿検査だけで健康状態や病気の早期発見を可能にする尿タンパク質・ペプチドバイオマーカーを発見し、実用化するプロジェクトです。
質量分析装置
あなたの研究意欲が人類を救う!(かもしれない)
若干名なので簡単な自己紹介を書いて下記まで早めにエントリーしてね (*^ ^*)v
 
   研究室  産学地域連携推進機構 BBC (生体液バイオマーカーセンター)
特任教授  山本 格
問合先  平尾 (内線 6924)

メニューに戻る

 
 
2018     新潟大学     COI-s Biofluid Biomarker Center,
産学地域連携推進機構     Institute for Research Collaboration and Promotion,
COI-S 生体液バイオマーカーセンター     Niigata University